航空会社に何を求めるかは人それぞれ

旅行は、計画をしているときからワクワクするものですよね。誰と行くか、どこに行くかで、全く内容が変わってきますし、無限の可能性を秘めているように思います。海外に行かなくても、日本国内でも、魅力のある地はたくさんあります。
それぞれの土地の良さを、短い人生の中で、できるだけたくさん感じたい、と思いますよね。そしてその楽しさと充実度は、距離に比例すると感じる人も多いのではないでしょうか。せっかく行くなら、飛行機に乗らないといけないような場所に行きたい、という気持ちは誰にでもあるはず。
そこでちょっと気を付けたいのが、どの航空会社の飛行機に乗るかということです。実は、これって結構重要なことなんです。航空会社に求めるものは人それぞれですよね。
とにかくコストを抑えたい人は、安くチケットが購入できる航空会社を選ぶでしょうし、充実したサービスや、乗り心地等、設備を重視する人は、ANAやJALを選ぶと思います。
実際、航空会社によって航空券の価格はかなり差が出てくるので、とにかく安くいきたい、という人は、どの航空会社が最安値でチケットを購入できるかどうか、比較サイトなどで調べてみるといいかもしれません。
例えば、羽田空港から、北海道の新千歳空港に行く場合、スカイマークを選べば、最安値で8400円でチケットを購入することができますが、ANAで行く場合は、一番安くても22490円です。
こんなに差があるのにはびっくりですよね。それでも、ANAを選んで乗る人も多いのは、ANAのゆるぎない実力があるという証拠だと思います。
とにかく安く良ければいいという人には不向きかもしれませんが、そうでない人達には、しっかりと需要があるのです。とはいえ、学生だったり、若い家族連れだったりする場合は、安く飛行機に乗れるスカイマークは、とてもありがたい航空会社ですよね。北海道に行くならスカイマーク、大阪に行くなら、スターフライヤーなど、行先によって、最安値の航空会社は変わってくるので、その都度チェックが必要です。
また、国内線は、東京方面から乗る場合は、羽田空港が主流でしたが、最近は、成田空港からも出ていて、成田空港からだけ出ている、ジェットスターという航空会社は、どの航空会社よりも安くチケットが購入できると謳っているので、必見です。
航空会社にも強い部分と弱い部分があり、特色も様々です。また、どこに行くかによっても、選べる航空会社は異なってくるので、よりよい旅にするためには、航空会社についても下調べをしておくことをお勧めします。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

[2014-12-08]
ジェットスターの安さの秘密はサービスの有料化の情報を更新しました。
[2014-12-08]
スカイマークは低価格が最大の魅力の情報を更新しました。
[2014-12-08]
実力派のANAは豊富な割引サービスが魅力の情報を更新しました。
[2014-12-08]
スターフライヤーは低価格で良質なサービスが期待出来るの情報を更新しました。
[2014-12-08]
JALの割引サービスを利用して安心・快適・満足の旅をの情報を更新しました。
△PAGE TOP