スカイマークは低価格が最大の魅力

スカイマークは、格安航空券が購入できる航空会社として有名ですよね。学生旅行や、若い家族連れには、嬉しい航空会社です。ANAなどの大手航空会社と比べると、片道の運賃で、往復できてしまうくらい、格安です。
スカイマークのデメリットは、使用できる空港が限られていることです。
スカイマークが利用できる空港は、羽田空港、新千歳空港、仙台空港、茨城空港、名古屋空港、神戸空港、米子空港、福岡空港、長崎空港、鹿児島空港、那覇空港、宮古空港、石垣空港です。
しかし、全ての空港から全ての空港に便がでているわけではなく、例えば、名古屋空港からは那覇空港、宮交空港、石垣空港までの便しか出ておらず、羽田空港から名古屋空港に行ったり来たりすることはできません。
なので、格安で飛行機のチケットを購入したい場合、スカイマークが利用できるなら、かなりお得な値段で購入することができると思いますが、スカイマークが利用できない、という場合も多くあるのです。
出発の空港と、行先の空港が、スカイマークの利用ができるかどうかまず調べてみるといいかもしれませんね。
また、スカイマークは、JALやANAに比べると機体も小規模の為、揺れを大きく感じたり、サービスの面でも快適さが少し減ってしまうというデメリットもあります。
さらに、JALやANAにある便利な前割が、現在はスカイマークでは販売中止となっています。
それでもスカイマークの価格の安さは魅力的。飛行機をできるだけコストを抑えて利用したいという人にはとても強い味方になってくれるのではないでしょうか。
搭乗の3日前までと、前日までの予約で、チケットがお得な値段で購入できるフレックスという直前割のサービスは販売中なので、急に飛行機に乗る予定ができた人にはおすすめです。その他、若者向けのスカイメイトや、65歳以上を対象にしたシニアメイトなどの割引サービスもあるので、併せてチェックしてみてくださいね。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP